Blog

今年の初キャンプ!!2015.08.06

8月1日、今年初のキャンプに行って来ました。行き先は帰りがそれほど大変ではない「おたる自然の村」。今回、妻が一緒に行けないので小2の息子と二人キャンプです。色々大変だろうと、近場にしました。

IMG_0512ホントは先月25日、千歳・花茶での日中ライブの後そのままキャンプの予定だったんだけど雨が思いの外激しく諦めまして、楽しみにしていた息子が泣いて悔しがっていたので今回出発前から非常に盛り上ってます。

行きがけに平岸のホットドッグの名店「Leryn’z one」に寄ってレジャー気分を盛り上げ、それから寄り道しつつ思いつくままに必要な食材・炭・その他雑貨を買い物しながら目的地に向かいました。

到着は15時過ぎ。ちょっとのんびりしすぎた。

IMG_0516到着した「おたる自然の村」は宿泊施設のおこばち山荘、パークゴルフ場、農場、そしてバンガローや常設の貸テントが用意してあるキャンプ場などの揃った巨大な自然体験施設みたいな感じです。林間学校もやっているようで子供達もたくさんいました。

受付の後、駐車場からキャンプサイトまで荷物をリヤカーで運びます。なかなかの距離と坂で結構ハードですが、サイトの近くまで来るとIMG_0550かなり立派なアスレチック的な遊具や雰囲気のいい林間のキャンプサイトが見えてきて元気が出ました。

IMG_0517林の中をうろうろしてテントの場所を決定。少し休憩してテントを張ります。

今年、昨年から買おうと思っていたsnowpeakのアメニティドームというテントをついに買いました。先月デイキャンプで試し張りしただけで、まだ張るのに慣れてないテントを一人で立てるのはなかなか時間のかかるもので、更に憧れの小川張り(モドキ)をしたものだから結構時間がかかり、息子の「おなかすいたー!」攻撃に謝りまくりでした。ごめんなー。

IMG_0523やっと設営もおわり、火も起こしてお湯を沸かしながらひとまずソーセージ焼いて息子にあげて、湧いたお湯でカボチャスープ作って落ち着いたところで、この夏の息子のお手伝いテーマ「米とぎ」時間。丁寧すぎて時間かかるけどビール飲みながら楽しんで眺めてました。

IMG_0531飯盒で米も炊いて炭火で肉も焼き、ボクはのんびり晩御飯を楽しんでいる間、息子は早くも晩飯を終わらせて近くのテントの兄妹と仲良くなろうと頑張っていた様子だったけどあちらは兄妹だけで行動したいのか、結局あきらめて戻って来ました。ちょっと可哀そうだったのと、そこそこ暗くなってきてたので花火の時間にしました。息子の頭の中に何かストーリー的なものがあるみたいで熱中して歌ったりしゃべったりしてるのが面白かったな。

IMG_0534IMG_0540その後二人でちょっと散歩してセミの抜け殻を発見したり、食器洗いや歯磨きをしているうちに夜8時過ぎて、息子は「もう寝るー」とテントへ入って行き、さくっと眠ってました。疲れてるんだろなー。ボクはのんびり呑もうとしてたけどひどく疲れてるようでものすごい睡魔が襲ってきたので10時過ぎには寝てしまいました。新テント、快適です。

翌朝は、6時前には目が覚めて食事作りと撤収準備。といっても米とぎ以外はボクの仕事。はやくお父さんを手伝えるようになってくれー。

IMG_0545子供を遊具で遊ばせつつ大まかに片づけたところで、リヤカーを取りに行くついでに二人で持てる荷物を車まで持って行くと、息子が「ねぇねぇ、おとうさーん!」何かと思ったら「次の荷物運びはリヤカーに乗りたい」というリクエスト。運動不足お父さん泣かせです。んなことできるか、と思いながらなぜか「きつくなったら降りて押すの手伝ってね」と甘い返事をついしてしまった。弱い父親です。ま、楽しそうだからいいや。

そしてチェックアウト後、もう一度キャンプ場の中を探検散歩してからおこばち山荘の風呂に入ってすっきりした後、キャンプ場から出発しました。せっかく久々の大好きな小樽なので街を眺めようと旭展望台に行き、その後ロープウェイ好きな息子に天狗山ロープウェイの出発瞬間を間近で見せてあげて今回のレジャーはおしまい。帰りの車の中で息子爆睡。

IMG_0554IMG_0558IMG_0561

楽しんでくれたかな。お父さんはめちゃくちゃ楽しんだぞ。

カテゴリ:家族